プロジェクトへの想い

代表:西田 誠治

レストランブライダルプロデュース運営会社、不動産開発上場ベンチャー(クリエイティブディレクター)を経て、Thai Cuisine Japan(タイ キュイジーヌ ジャパン)を主宰。準備期間を経て、2010年12月より、Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN(ヤム!ヤム!ソウルスープキッチン)をスタート。

“西田 誠治(代表)”がとことんはまったタイ。
 独特の魅力、そして縁がありました。

はじめに ~ローカル食の可能性~

はじめまして、Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN(ヤム!ヤム!ソウルスープ キッチン)、代表理事の西田です。
このプロジェクトでは、日本とタイとローカル(地方)に焦点を当て、過去前例の無い日本初(=世界初)の『47都道府県全てを対象にした、連続シリーズのフードイベント』を行いながら、日本列島47都道府県各地の地場食材の新たな活用方法やPR展開(国内~海外)を支援していくことを目指しています。

イベントでは、タイ料理に関わるプロの料理人やフードコーディネーターが日本各地の“旬の地場食材のみ”を使った新しいタイ料理レシピをつくり、各地に根付く地場食材とタイ食の可能性を引き出し、消費者に直接味わってもらい、その魅力を伝えています。

単発ではなく連続シリーズで開催することで、日本列島のもつ豊かな食を中心にローカルの情報を束ね、全国各県の農家や自治体、生産者団体などの作り手と、消費者、実際に食べていただく方とを直接繋ぐことで、今までにない日タイをつなぐ独自のマーケットを創造しています。

私がこのプロジェクトを始めたこの想いをみなさまと共有することで、単なる企画ではなく血の通った新たなムーブメントとして、参加者のみなさんと一緒に全国で動きを作り出していくことを望んでいます。
そこに思い至るまでに経験したことや、思い巡らせたことを、最初にぜひ知っておいていただきたいと思います。また私自身、いつでも初心を忘れずにチャレンジを続けていくためにも、ここに改めて記しておきたいと思います。しばらくお付き合いください。

「タイ」、「食」、「地方」、「デザイン」…ヤムヤムのキーワードのルーツを知る連載

なぜタイなのか?~タイとの出会い
初めてタイに降りたったその日は
年に一度の大イベント「ソンクラン(水かけ祭り)」
第1回を見る
デザイナーから料理の道へ
デザインと料理にある、クリエイティブという共通点
タイレストランの開業が夢に
第1回を見る
ローカル、地方への想い
旅を通じて見えてきた“地方”の問題
“食”と“デザイン”で都会と地方をつなぐ試み
第3回を見る
今後の展開
47都道府県の制覇!
タイ現地でのイベントで、日本の生産者を売り込む
第4回を見る

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局