応募レシピ

タイトル グリーンカレー「もぶり鮓(ずし)」
ポイント 愛媛県松山には、昔から祝い事や訪問客をもてなす時、
ちらし寿司をつける慣わしがあります。
愛媛といえば鯛が有名で県魚でもありますが、じつはメバル、ホゴ、アジ、虎ハゼ、オコゼなどの
小さい魚は「瀬戸の小魚料理」として親しまれています。

その瀬戸の小魚をちりばめた、ちらし寿司「地元では松山鮓(ずし)、もぶり鮓(ずし)といいます」は、
その中でも最高のもてなしであったそうです。

明治25年8月、大学予備門の学生だった夏目漱石が初めて松山を訪れ、
正岡子規の家に立ち寄ったとき、母・八重がもてなしたのが松山鮓で、
漱石は大いに喜んで米一粒も残さず平らげたというエピソードが
司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」や高浜虚子の「子規と漱石と私」の中で記されています。
その時の様子を詠んだ句が

「われに法あり君をもてなすもぶり鮓」

他にも

「ふるさとや親すこやかに鮓の味」
「われ愛すわが豫州松山の鮓」

などがあります。

もぶり鮓は醤油で甘辛く煮た人参、干しいたけ、アナゴや錦糸玉子と
瀬戸の小魚(煮たり焼いたり、酢じめした魚)をトッピングしますが
今では、サーモンやはまち、マグロといった生の魚が好まれるようです。

他のちらし寿司と異なる特徴は、
焼いた小魚の頭と骨を寿し酢に入れ出汁を取り、身は手でほぐして酢飯に混ぜ込みます。
結果、少し焦げた魚の香ばしい酢飯になるところです。
タイ料理のナンプリックの調理法に似ていると思うのは私だけでしょうか。

今回応募のレシピは
すし酢にグリーンカレーペーストを加えて、グリーンカレーテイストのもぶり鮓に仕上げました。
トッピングにはもぶり鮓の定番に加え、ほぐしたガイヤーンを加えました。

アレンジとして巻きずしやカップすしも同じ材料、工程でできます。

「もぶり鮓」の「もぶる」とは地元の言葉で混ぜるという意味です。
「ちょっと、それもぶっといて。」とは「ちょっと、それ混ぜといて。」という意味です。
地域食材の
都道府県
愛媛県
地域の食材 「瀬戸の小魚」虎ハゼ、アナゴ、地エビ