ブログ・レポート

タイ・ワイン「モンスーンヴァレー」ホアヒン・ワイナリー訪問記 <テイスティング編>

ヤムヤムの活動をサポートしていただいている、
おいしい世界旅行の(よ)さんによる、
タイ国産ワイン「モンスーンヴァレー」HUA HIN VINYARD訪問記。
今回は<テイスティング編>です。

前回の<見学編>も合わせてどうぞ。


----------------------------------------------------------------------------


象に乗ってぶどう畑を見学する楽しいアトラクションを終えたあとは、
待ちに待ったワインとタパス(小皿料理)のマッチングを楽しむ、テイスティング・タイムです。

午前中は人がまばらだった「THE SALA」のダイニングですが、お昼時になると満席に近い状態に。
白人観光客が目立ちます。やはりワイナリー訪問は、欧米の文化なのかもしれません。

まず最初は・・・、


ボクのお気に入りのコロンバールが登場。このワインに合わせるタパスは・・・、



蟹とリンゴのセルクル仕立て。

ほぐした蟹の身と、小さなキューブにカットされたリンゴ、さらにくるみがマヨネーズでまとめられており、コロンバールによくマッチしていると思います。

次なるワインは・・・、


シラーズ種100%で作られたロゼ。


グラスに注いだクリアなロゼが、畑のグリーンに映えて見た目も爽やか。

これには・・・、



山羊のチーズを合わせます。
すこしクセのあるシェーブルに、フルーティーで甘いニュアンスのロゼがベストマッチ。

三本目は・・・、



シラーズ。樽の香りのするミディアムボディの赤ワインです。

マリアージュを楽しむタパスは、



鴨とクリスピーなフライドワンタンに、タマリンドのソース。こちらも好相性。
トップにエノキダケが2本立っているのがカワイイ。
海外のレストランで、日本のENOKIDAKEを使うのがけっこう流行っている気がします。

以上、タパスとワインのマッチングを楽しむテイスティングセットは終了。

ちょうどこの頃、突然のスコールが降ってきました。
エレファント・ライディングをすでに終えたわれわれはラッキーですが、
雨のなか象に乗っているグループは大変・・・と思って見渡すと、
案外、平気そうに見学を続けている様子。
テラスにはビニールの雨よけをおろしてもらって、テイスティング続行。

まだまだ飲み足りない、食べたりないわれわれ(当日は4人で訪問)は、
まだ飲んでいないサンジョベーゼのロゼをボトルでオーダー。



さらに、パスタ類にトライ。


野菜に覆われてパスタがあまり見えないけれど、バジルペーストのフジッリ。



そして、スパゲッティ・パッキーマオ。

パッキーマオとスパゲティを合わせた、タイ風イタリアン。
日本には和洋折衷の洋食がバリエーション豊かですが、
タイでもミクスチャーな料理が発展すると面白いと思います。
個人的なことを書くと、スパゲッティ・ゲーンキョウワーンは自宅で作ったりしているし、
オリーブオイルを使ったカルパッチョ的クンチェーナンプラーなんてのも、ワインに合うかも。

そもそも、タイでワインを作るということ自体が食文化のミクスチャー。
日本の食材でタイ料理を表現するヤム!ヤム!ソウル・スープ・キッチンもまったく同じで、
異なる食文化をクロスさせる創意工夫には、個人的に強い興味を覚えます。

さて、メインディッシュは・・・、



ポークチョップのグリル。

野菜とマッシュポテトがたっぷり添えられていて、別添えになった甘いアップルソースをかけて食べます。
このソースだけでなく、料理は全体的に甘味が強調された味つけになっていたのが印象に残りました。

ところで、今年2012年はモンスーンヴァレー10周年にあたります。

これを祝して「ウェルカム10トップシェフ・フロム・タイランド」というイベントが、
この「THE SALA」で毎月開催されます。タイ国内で活躍するスターシェフ10人が月がわりで登場し、
オリジナル料理を提供。
それにモンスーンヴァレーのワインを合わせるという、たまらなく魅力的な催しです。

イベント期間は2012年9月から2013年6月まで。
本記事執筆時点で、サムイ島の「フォーシーズンズ・リゾート」所属アレックス・ガール氏(9月)、
有名料理研究家のマックダン氏(10月)、バンコクの日本料理店「ZUMA」のパトリック・マーテンス氏(11月)
がシェフをつとめる回は、残念ながら終了してしまいましたが、これからやってくるシェフには要注目です!

さて。

お腹もいっぱいになったところで、お土産でも買いにいきましょう。



「THE SALA」のショップには、ワインはもちろん、気のきいたお土産がいくつか。

まず、ワインは紹介した赤、白、ロゼ以外にも・・・、



本数限定で作られている高級ラインのマグナムボトルや、スパークリングも販売されています。



甘口デザートワインは、マスカット、シュナン・ブラン、
上記2種にコロンバールを加えた3種ブレンド、以上の3種類からチョイス可能。

そのほかに・・・、



グレープ・リーフ・ティー



グレープ・シード・オイル



グレープ・ジャムなどなど・・・、ぶどう由来のお土産が充実。
日本で販売されていないアイテムばかりで、ついつい買い込んでしまいました。

次回は、ぜひとも収穫の時期に訪問したいと思います。

ところで蛇足ですが、「新緯度帯ワイン」って日本語としての語呂が悪いですよね。
「ニュー・ラチチュード・ワイン」も、ちょっとなじみにくい感じ。そこで・・・、

「熱帯ワイン」

ってどうでしょう? 熱タイ・ワイン。なんちゃって(笑)。

いずれにせよ東南アジアのワイン界を牽引する存在と言っても過言ではないモンスーンヴァレー。
われらヤム!ヤム!ソウル・スープ・キッチンの展開とともに、間違いなく要注目です!


モンスーンヴァレー
http://www.monsoonvalleywine.com

ホアヒンヒルズ・ヴィンヤード
http://www.huahinhills.com/


<2012年9月>

(よ)

タイ・ワイン「モンスーンヴァレー」ホアヒン・ワイナリー訪問記<見学編>

タイと日本を食で結ぶ【Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN】

我ら【美味しい世界旅行】も何かとお世話になっているけれど、
ただいま「ご当地グリーンカレー・レシピ・コンテスト」
レシピ募集中(2015年2月13日~28日)で、
優勝賞はタイワイン「Monsoon Valley」のワイナリーツアー招待だそうだ。

*ご当地グリーンカレー・レシピ・コンテストの応募は下記より*
http://yumyam47.com/contest/


そこで、(よ)が2012年に同ワイナリーを取材し、
ヤムヤムのウェブサイトに掲載した記事を(今回の再掲に際し加筆しました)、
アーカイブの意味も込めて再掲しよう。

一部情報が古くなっている部分はご容赦を。


---------------------------------------------------------------------------------


象にゆられながら、ぶどう畑をのんびり巡る。



タイ・ワインのイメージに、これほどぴったりな風景もないでしょう。


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENに、いつもゲストとして参加させてもらっている(よ)です。

2012年9月、タイ・ワイン「モンスーンヴァレー」のワイナリーを訪問してきたので、
リポートさせていただきます。

さて、ヤムヤムでも毎回のように赤、白、ロゼが提供されている、モンスーンヴァレーのワイン。


上の写真は、ヤムヤム長野ver.で提供されたロゼと赤。

ヤムヤムではもちろん、日本国内のタイレストランでもけっこうメニューに載っているので、
タイ好きにとっては、すでにおなじみのワインかもしれません。

ワイナリーの所在地は、王室の保養地として知られるタイの葉山、ホアヒン。
バンコクからは車で約3時間。
到着後、まずはワイナリー巡りの起点となる「THE SALA WINE BAR AND BISTRO」へ。


スタッフが案内してくれたのは、ぶどう畑を一望できる爽やかなテラス席でした。



天候に恵まれた気持ちのよい見晴らし。
どこまでも広がる畑のグリーン、そして山々と空。
そんな美しい景色に見とれていると、ウェルカムドリンクが運ばれてきます。


濃厚な味のぶどうジュースです。
爽やかな果汁で喉を潤し、3時間のドライブの疲れを癒したところで、ぶどう畑の見学へ。
道中案内してくれるのは「THE SALA」のマネージャー、ヨサワットさん。


ヨサワットさんと一緒に、幌のついたワインレッドのランドローバーに乗り込んで・・・、


ぶどう畑見学がスタート!


気持ちのよい風を受け、ぶどう畑を眺めながら、フレンドリーな語り口のヨサワットさんの解説を聞きます。
青々と育つぶどうの木が、見わたすかぎりどこまでも。
でも、残念ながらぶどうの果実を見ることはできませんでした。


9月といえば、ぶどうの収穫まっさかりのイメージですが、
日本とまったく気候が異なる通年高温多湿なタイのぶどう収穫期は2~3月。
日本やヨーロッパの常識とは違うわけです。

そもそも、かつての常識では北緯・南緯ともに30~50度の地域が
ワインづくりに適しているとされていました。フランスやイタリアなどヨーロッパの伝統的なワイン産地、
そしてカリフォルニアやチリ、アルゼンチン、オーストラリア、南アフリカなど
ニュー・ワールド・ワインの生産地が、その緯度帯に入ります。

一方、タイはどうでしょう。ホアヒンの緯度はおおよそ北緯12.5度、バンコクで13.7度。
適正とされていた緯度から外れています。
つまり、これまでの常識を大きくくつがえす「新緯度帯ワイン」(NEW LATITUDE WINE)の
カテゴリーに属するのが、タイ・ワインなのです。


「THE SALA」のエントランスにも、新緯度帯ワインについて説明したパネルが掲示されていました。
地図の左端の「13°」=「北緯13度」が大きな文字で強調されていますね。
今や新緯度帯ワインは、世界のワインジャーナリズム注目の的なんです。

これまでの常識をくつがえすワイン造りを可能にしたのは、タイ人スタッフの情熱と、
ドイツからやってきた女性醸造家の技術だったそう。
土壌を改良し、放っておいたら年に2回できてしまうぶどうを剪定の技術で1回にコントロールし、
ワインに適した果実を収穫。ホアヒンのこの地は、山々に囲まれている地理条件から、
もともと昼夜の寒暖差が大きく、ワイン造りには比較的適していたそうです。

ぶどうも、タイの気候に適した品種が選ばれました。赤ワイン用品種のシラーズと、
白ワイン用品種のコロンバールです。


上がコロンバールの木。一般的にコロンバールはブレンド用の補助品種のイメージで、
あまりメジャーではありませんが、ここではコロンバール100%の白ワインが作られています。

しかもこのコロンバール、世界的に権威あるパーカーポイントで87点の高ポイントをゲットして
実力は証明済み。さらに、今やミシュランの星を取るよりも、こちらにエントリーしたいと
世のシェフたちに言わしめる「世界のベストレストラン50」にランクインした
バンコクのタイレストラン「ナーム」のワインリストにも載っています。

じつは、ホアヒンツアーの前日に「ナーム」を訪問しました。


モンスーンヴァレー・コロンバールを注文したことは、言うまでもありません。

果実味が豊かで爽やかでありながら、全体的にまあるいふっくらしたイメージでミネラリーな印象もうけます。
タイ料理なら和え物のヤム系の料理などにばっちり合うと思います。

コロンバール、そしてシラーズのほか、いまホアヒンではテンプラニーニョ、マスカット、シュナンブラン
といった品種が栽培されており、来年からはカベルネソーヴィニヨン、シャルドネにも着手するとか。


また、モンスーンヴァレーのサイアムワイナリー社が保有する別のぶどう畑、
「フローティング・ヴィンヤード」(サムットサコン県)では、タイ在来種のポクダム(赤ワイン)、
マラガブラン(白ワイン)が栽培されているそうです。


この「フローティング・ヴィンヤード」、ぶどう畑の中に水路がめぐらせてある様子が
上のパネルで確認できるでしょうか。ポクダムとマラガブランに適した栽培システムということで、
こちらもいつか見学してみたいものです。

さて、車でひとまわりしたあとは、お待ちかねのエレファント・ライディングの時間!


何度もタイに行っているくせに象に乗ったのはこれがはじめて。象の背に乗ると意外なほど視界が高く、
じっくり畑を見渡せそうなものなんですが、思ったより揺れるのと初体験の興奮でぶどうとワインのことは
すっかり忘れてしまいました(笑)。


象に乗った目線の映像が上の写真です。二頭でゆっくり畑を巡る感覚が、
どことなくユーモラスでのんびりしていて、最後はとてもなごみました。


降りたあとは、象に「おつかれさま」の意味も込めて、
1バスケット100バーツのパイナップルを象にあげる余興も。

エレファント・ステーション近くの畑には・・・、


プリック(唐辛子)ほか、さまざまなハーブ類が植わっています。
「THE SALA」の料理で使われているそうです。

さらに、


上の写真、手前の丘に点々と植えられているのは試験栽培中のオリーブの木。
ヨサワットさんによれば、オリーブも商業ベースに乗せる計画があるそうで、そうなるとタイでは初。
近い将来、ホアヒン産のオリーブオイルを味わうことができるかもしれません。楽しみですね。

ところで、この頃になると早くワインを飲みたい!そんな気分が募ってきます。
ずっとぶどう畑をながめ、ワインの話を聞いているのですが、本日まだ一度も実際のワインを口にしていません。

というわけで、次は「THE SALA」に戻ってワインとタパスのテイスティングです。

<つづく>

(よ)

ブームにトドメを刺す! 青いレモンの島のレモンソルト

ブームにトドメを刺す! 青いレモンの島のレモンソルト


レモンの伝道師が執念でつくり出した島の農家たちの努力の結晶


私は、タイ料理で全国47都道府県のご当地の食を紹介することで、
日本とタイを食でつなぐ活動を展開しています。
その活動は、各都道府県別にテーマを定め順次進めています。

その6県目の開催で取材に訪れた愛媛県。
温暖な気候、瀬戸内のおだやかな海がもたらす恵みや、
海沿いの太陽光の反射や風通しの良さを活かして、
長年に渡り柑橘類の一大産地として特に知られています。
その瀬戸内エリアに浮かぶ人口2,000人弱の島、岩城島(いわぎじま)の
ぽんぽこレモンと伯方の塩の強力タッグで、
昨年から料理界で話題もちきりの万能塩「塩レモン」が、
約1年の試行錯誤の末、遂に完成!
その名も、瀬戸内テロワール「レモンの島のレモンソルト」です。
この商品の良さは試してみて分かるとして、ここに至るまでの道程が財産なんです。


地域の想いがギューッと詰まったピュアな逸品

地元出身の奥様に導かれる形で島に移住した古崎公一さん。
のどかでおだやかな岩城島の魅力にまさに自身が癒され、
自分の生き方や活かし方を島に出会ったことで、
都会や海外のタフなサラリーマン生活に別れを告げるきっかけになったそうです。

その古崎さん家族の島に対する気持ちを表現する形の一つが、
ぽんぽこらんどの事業展開。
その出発は自分の幅広い経験を活かして島で頑張る農家さんの販路開拓やPRの応援、
何よりも島に恩返しをしたい! そんなピュアな気持ちからスタートしています。

古崎さんは、岩城島の柑橘類を広めるために、
自ら愛車の赤いボルボのハンドルを握り全国行脚をしてきました。
東京をはじめ全国のマルシェなどに出向き、
また岩城島の柑橘類を気に入ってくれるシェフのもとには、
直接商品と感謝の気持ちを届けに行くという、
岩城島の農家にとって非常に頼もしく信頼のできる存在です。
これだけのことはなかなか簡単にできる事ではありません。
古崎さんは私の尊敬する一人です。


最高のレモンと塩だけでできたレモンソルト

ブームにトドメを刺す! 青いレモンの島のレモンソルト


その熱い古崎さんのレモン愛がぎっしり込められた渾身の一球が、
瀬戸内テロワール「レモンの島のレモンソルト」なんです。

使用している素材は、岩城島産の外皮も美味しいAグレードのレモン3個と
瀬戸内の伯方の塩を3種類独自ブレンドした塩のみ。
すべて手作業で1ヶ月以上漬け込んで熟成させて完成させます。
しっかりと塩味があるので、一瓶あれば数ヶ月は持ちます。
時間とともに熟成が進むと塩味がマイルドになり、
更に深みのある美味しい味わいになります。


ブームにトドメを刺す! 青いレモンの島のレモンソルト

様々な料理に爽やかさをプラスしながら味を作れる万能塩の使い方は、自由自在。
パスタや焼きそばはもちろん、細かく刻んで鍋の薬味や、
お肉の下味付けにもつかえます。
顔の見える生産者の手間暇かけた商品を日々味わうこと、
なんとも贅沢ですね。

ブームにトドメを刺す! 青いレモンの島のレモンソルト


瀬戸内テロワール レモンの島のレモンソルト
ぽんぽこらんど

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局