ブログ・レポート

角田市で田植えイベント開催!

支援者のみなさま、この度はありがとうございます!

READY FOR?の告知を見ていただいたり、

ヤムヤムに縁のある方へメッセージを送らせていただいていますが、

たくさんの方々から応援メッセージやご支援金をいただくことができまして、

感謝しております。

改めてチャンレンジ成立を達成し、ご支援にお応えできるように

しっかりやって行かなければ!と、想い新たに背筋が伸びる思いです。

さて、先日の土曜日に宮城県角田市で、

お米クリエイター・佐藤裕貴さん主催の食と音楽と世代を超えた農のイベント、


* Happy Green Festival *

〜Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN × COLIN(コラン) 

× OLD-DOWN OVERALLS へ、

タイ料理メニュー提供でコラボ参加させていただきました。



悪天候も関係なし、ハウス内の特設イベント会場が一体感を

さらに演出していました!ナイスアイデアですね



深夜3時出発、ヤムヤムのイベントではおなじみの秋庭農園の秋庭シェフ、

築地カメラマン、佐藤さんとの共通の友人と一緒に、梅雨とは思えない

荒れた天候の中に4人で食材満載の車を飛ばして、

弾丸ツアーを敢行してきました。


佐藤さんとの交流は、今年2月に開催した

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN vol.13 宮城県ver.(@有楽町コカレストラン)の

1月の現地取材で初めてお会いしてからスタートし、

お互いに農業・食にとどまらない自由な発想で取り組んでいるので

リスペクトの関係から、今回の共同イベントに発展した次第です。

今回、「ご当地みどりのカレー」をメニューの軸にし、

秋庭農園手作りのこだわり野菜や、ハーブ、パクチー(!)など、

茨城県産の野菜を持込、半分は即興でタイ料理をベースにした地産地消の

オリジナルタイ料理を提供してきました。



写真はカレーではないですが、一緒に料理提供をした早坂先生の

グループによる手作りの料理が多数テーブルに並びました!



佐藤さんのつくったお米に、地元宮城産の鶏肉を煮込んだ

「ご当地みどりのカレー」を、オーブンでグリルしたナスやじゃがいも

を合わせて、掛け合わせて楽しんでもらいました。

何よりも嬉しかったのが、

おそらく人生で初めてタイ料理を食べるであろう、

地域のおじいちゃん、おばあちゃん、子どもたちが

何度もお代わりをしてくれたこと!


タイ料理の独特の味の組み合わせと、そこに合わせた食材が子供の頃から

食べ慣れた地元の食材となれば、安心感も違います。

どういう反応になるのかな?と我々もドキドキでしたが、参加者の皆様から

グリーンカレー美味しかった!!と感想をいただき、

ホッと一安心の週末でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今回のチャレンジで、このカレーを全国からレシピ募集し、

47都道府県のオリジナルグリーンカレーを一同に会する場を

支援者限定で実施したいと思っています。

こんな企画はおそらく日本初ではないかと思います!
ただ食べるだけではもったいない!この場を活かして、

様々な食に関わる人達、日タイ交流に活動をする人達が

新たに交わる場をぜひ実現したいと思います。

ただのパーティーとは違います。
行政主導、民間主導でも、なかなか実現できないこの機会、

ぜひ一緒に盛り上げてください。

ありがとうございます!

特定非営利活動法人Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN
代表理事 西田誠治


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局