ブログ・レポート

Yum! Yam! TABLE vol.05 [ごっついね!とくしまマルシェがやって来た!]

Yum! Yam! TABLE vol.05 [ごっついね!とくしまマルシェがやって来た!

主催/特定非営利活動法人 Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN

お申し込みはコチラから!

詳細
Yum! Yam! TABLE vol.05 ~ごっついね!とくしまマルシェがやって来た!~

tokushima_marche_logo.jpg



[日本列島の地場食材 meets タイ料理!]をテーマにして、
県単位から市町村単位、さらには生産者やまちおこしの活動を展開する
全国各地のみなさまとタイ料理との自由なコラボレーションを目指す
ヤムヤムブランドのセカンドレーベルとして新たにスタートした、
Yum! Yam! TABLE(ヤム!ヤム!テーブル)の
第5弾の開催が9月に決定しました!

今回は『とくしまマルシェ』とのコラボレーション。
徳島県は「関西の食の台所とくしま」と呼ばれていること、ご存じですか?
とくしまマルシェでは、豊富な食材たちから選りすぐりの逸品を紹介し、
「つくりて」から鮮度にこだわった収穫方法と発送で食材をお届けしています。

そして、今回のシェフを務めるチャイヤイ坂本さんは、徳島県ご出身!
徳島食材を知り尽くした坂本シェフとのコラボによる、
ヤムヤムオリジナルのタイ料理をご提供します。
この組合せのタイ料理が食べられるのも、Yum! Yam! TABLEだけです。

【当日はマルシェも出店(お買い物だけのご来店も歓迎!!)】

当日はチャイヤイでとくしま出張マルシェを開催。

お買い物だけのお客様も大歓迎です!

みなさまのご参加をお待ちしております!

●シェフ
坂本 広 HIROSHI SAKAMOTO 日本・タイシェフズ協会代表理事

徳島で中国料理の道に進む。その後、上京して「ムアンタイなべ」の
オープニングスタッフとしてタイに研修に行った際に
本場タイ料理の虜となる。帰国後「ムアンタイなべ」の
オープニングマネージャーを務めるも、
タイ料理を本格的に学びたい衝動を抑えることができずに、
単身再びタイにわたり、本格的に料理修業を積む。
92年帰国後に、自店「チャイヤイ」をオープン、本格タイ料理が
食べられる店として人気を博し、またタイ語を話すことから
タイ人の仲間も多く、日タイ双方に多くのファンを持つ。
地元徳島の食材を中心にして、全国の産地の食材を積極的に
タイ料理へ取り込んだメニューの普及に力を入れている。

●申し込みは下記より!
◎後援
タイ王国大使館商務参事官事務所、タイ国政府観光庁、
内閣府地域社会雇用創造事業 iSB公共未来塾(平成23年度認定事業)

◎協力
とくしまマルシェ事務局、Royal Thai Cuisine CHAI YAI

◎タイ側協賛 
池光エンタープライズ(SINGHA BEER、Monsoon Valley、SPY)
木徳神糧株式会社(Jasmin Rice/Khao Hom Mali)
敬称略

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局