ブログ・レポート

草の根活動?!

先週19日、小雪が舞うなか東京国際フォーラムで開催された、
『野菜契約取引マッチング・ゲート』に参加しました!

これは加工・業務用国産野菜の契約取引を推進する目的で
今回20回目を迎えた、野菜専門の交流会です。
生産者や企業と直接会って話せる貴重な機会なので、
@Tokyoからも参加させていただきました。

DSC_0181.JPG

朝一でしたが業界の方々が多く来場され賑わってました。

IMG_8286.JPG

そして各産地から届いた新鮮なイチオシ野菜が
サラダバーとして提供され、試食することができました♪
全部のブースを周りきれない場合でも、
こうして試食ができると目星がつけやすくていいですね。


さて、代表の西田さんに同行して感じたのは、
これまで多くの都道府県や自治体の皆さまにご協力を頂き
ヤムヤムのイベント開催にこぎつけてきましたが、
その裏には、こうしたイベントに地道に通い
新たな出会いや繋がりを作ってきた努力があること。

現地事情を知る方が毎回居るわけではないので、
生産者が集うイベントへ参加したり、人づてにご紹介頂いたり、
私たちスタッフでもなかなか知らない"草の根活動"があることを
改めて実感したのでした。

47都道府県+スポット自治体での開催をするためには
これからも気の遠くなるような根回しが続きます!

IMG_8306.JPG

同時開催のJAグループのイベントには、
熊本から八代のお茶が出展されていました。
同郷ということで盛り上がる面々♪
美味しいお茶と紅茶を、ご馳走になりました~(笑)

こうした出会いも、次に繋がる一歩ですね・・・

ヤムヤム沖縄ありがとうございました!

IMG_9674.jpg
満員御礼ありがとうございます!


ご参加のゲストの皆様、関係者の皆様、スタッフ一同、
大変お疲れ様でした〜。

一言、先日の沖縄版、すごかったです。

何がすごかったか?って、妙なグルーブ感がありました。確かに。

現地での取材や、取材前後でのやり取りからも感じていましたが、
不思議と導かれるように良い方へどんどん繋がって行ったり、
企画へ関わっていただいた皆様に恵まれました。

ポジティブなグルーブ感が感覚として真ん中にあって、
沖縄ならではの時間軸が少しずれたようなディレイ感が加わり、
言いも得ぬ心地よさに包まれながら通りすぎて行ったような気がします。

宮古島で洗礼を受けたお通りのせいかも・・・笑

当日の料理については、リピーターの和田さんのブログ
すばらしく詳細にまとめていただいていますので、
そちらをご覧ください。
(いつもありがとうございます!)


IMG_9678.jpg
長岡シェフとサポートの田中さん(時子さん)、チームワークバッチリでした!


今回、沖縄の食材があまりにもタイ料理と馴染みすぎてというか、
どちらにもある食材、使い方、ルーツが似た料理と、、共通項が多く、
何も考えずに普通につくったら本当に普通のタイ料理になるんですね。

ここが、困った。本当に_。
長岡シェフと議論を重ねました。

沖縄らしさと、ヤムヤムらしさ_。
きちんと企画の軸を持ってプロデュースしているイベントなので、
何でもOKでは、楽しいだけのパーティーで終わってしまう。


IMG_9586.jpg
沖縄県の方に聞いた郷土料理の美味しいお店へ長岡シェフと一緒にメニューアイデアを探りに。


僕らはイベント屋じゃなく、あくまで日タイ両国を食で新たに繋ぐための
プラットフォームを創造することで社会に貢献していくことを
目指してこのオリジナルコンセプトの食の活動を続けています。

今回のレシピは直前まで調整変更を繰り返して産まれた
現段階の冬の沖縄版のためのベストレシピにしたつもりなので、
今回のみなさんの反応は実に嬉しかったです!

特に舌の肥えたプロ側の方々の評価が高かったのは、ホッとしましたよ。


IMG_9665.jpg
お土産でご提供いただきました瑞泉酒造さんの青龍ミニボトル!ありがとうございます!


その頭を悩ませたメニューの軸をしっかりと繋いでくれたのが、
沖縄固有の地酒、泡盛。

今回、過去最大となる、3蔵元様にご協力をいただくことができまして、
泡盛、古酒、リキュール、地ビール、そこにタイのお酒もビール、ワインと加わり、
20種類近いお酒がずらりと並びました!タイのお酒が霞むくらいの迫力で。笑
南都酒造所様瑞泉酒造様多良川様、ご参加ありがとうございました!)

これは、本当に圧巻でした!

ヤムヤムの構想をまとめた企画書でも触れていますが、
タイ米から出来ている泡盛がタイ料理に合わないはずがない。

どの料理にもしっかりと合って、
みなさん飲み比べしながら、様々なスタイルでお楽しみいただけたと思います。

ソーキの煮込みに工程にも泡盛を使い、
タイのプリックを漬け込んだコーレーグースや、
デザートにもアクセントで珈琲泡盛をつかいました。


IMG_9679.jpg
みなさん話に耳をかたむけて、メモを取りながら、真剣に食べ、語っていました!


沖縄、印象に強く残る回になりました。
まだまだ語りたいこともあるのですが、後日スタッフだけで開いた
打ち上げでもいい感想が溢れていました。みんなよかったね〜!

沖縄県の皆様とは今後も積極的にコラボレーションの機会を
作って盛り上げて行きたいと思います(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、この勢いをそのままに、
今月末28日からのバンコク開催版、乗り込んできます!

これまで2年間の活動の集大成を本場タイのみなさんに向けて
しっかりとプレゼンテーションしてきたいと思います。

すでにタイランドの洗礼をいくつも受けていますが、、笑
チケットはすでに完売の満員御礼!

日本から、他国から、わざわざヤムヤムのために現地へ足を運んでいただく
ゲストの皆様も総勢20名近くになりました!

そして、ファンの方から寄付もしていただいたりと、
感謝してもしきれない位嬉しいですm(_ _)m

まだまだ開催までに必要な作業が山積してどこから手をつけてよいか分からない
くらいの混沌とした状況ではありますが、、、笑
ひとつづつクリアして、全力でサポートしてくれている、
日タイ両国にまたぐスタッフと連携しながら、がんばってきます。

ご支援、感謝いたします!


代表理事 西田



Yum! Yam! 沖縄、仕込み完了♪

ヤムヤム沖縄を明日に控えて、
本日は7時間以上かけて仕込みをしましたー

長岡先生の料理教室には大量の食材が沖縄から届き、
食材を見るだけで沖縄が感じられてキウキしてきます♪

DSC_0109.JPG

このソーキ(豚肉)のカタマリはなかなかお目にかかれませんよね。

メニューについて先生から簡単に説明をいただき、さっそく仕込み開始。

DSC_0116.JPG

食のプロとして活躍される面々。
簡単な説明でささっと調理に入り、手際よく仕込みが進んでいきます。

ヤムヤムはこういう多方面で活躍されてる皆さんに支えられ
クオリティの高い料理が作られているんですね!!

DSC_0119.JPG

素人ながら仕込み隊に加わった私は、
ひたすら『島らっきょう』と悪戦苦闘しておりました(笑)

DSC_0123.JPG

ヤムヤム専属の厨房スタッフ(?!)として毎回厨房で活躍する
市村さんが、手際よく魚を処理していきます!

DSC_0126.JPG

前回の試作時に登場した沖縄地魚の『ビタロー』に続き、
今回ニューフェイスの、その名も『オジサン』(笑)(笑)(笑)

アップして見ると、たしかにおじさん顔?!
あごヒゲがなんとも個性的なお顔です。

こちらも明日、登場いたしますよ~ 乞うご期待☆

毎回工夫をこらしたタイ料理を提供していますが、
今回も沖縄を感じつつもタイらしさとパンチのある
バラエティ豊かなタイ料理を提供いたします。

明日来られる方も、残念ながら不参加の方も、
どんな料理になるか想像して楽しんでくさいませ!!

 沖縄版の試作&仕込み担当@Tokyo松浦でした~

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局