ブログ・レポート

お礼のご挨拶!

IMG_5769.jpg


あと半日ほどになりました。
それぞれの故郷や、旅先や、思いでの場所で、
身近な大切な方々と一緒にかけがえのないひとときを
お過ごしのことでしょう。

任意団体からはじまったYum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの活動は
vol.00のキックオフは麻布十番のマンションの1室でした)
この12月で丸2年が経ちました。
思い起こしても沢山のご縁や出会いに助けられてきました。
ファンの皆様には本当に心より感謝いたします。

少しづつ規模を拡大しながら、全国を旅し、
ファンや活動を支援してくれる仲間を増やしながら、
8県の皆様と活動を共にさせていただきました。

そして、活動にさらなる展開を加えるためにスタートした
新シリーズのYum! Yam! TABLE
ここでは県の垣根を超え、市町村単位や生産者にフォーカスした、
よりコンパクトでスピーディーなコラボレーションを
行なっています。

11月から新スタートし、
年明けに開催準備中のvol.03では若手米農家支援ユニットの
トラ男と秋田のきりたんぽ×タイ料理のコラボを予定しています。
3月の第四弾、妙高市とのコラボレーションも決定しています。

メインシリーズの「47都道府県×タイ料理」の連続イベント、
Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENとの相乗効果もあり、
来年はさらなる展開を生産者と共に仕掛けていきたいと思います。

ーーーーーーーーー

2つ目のご報告。

今年はいよいよ、タイ・バンコクでの現地開催版、
Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN in Thailand を開催いたします!

既存の事業者と違う方法で、
「日タイを食を通じて新たにつなぐプラットフォームを創造する!」
ことの実現を目指して活動を続けてきていますが、
ようやく第一弾の開催にこぎつけることができました。

我々は輸入業者ではありません、旅行会社でもありません。
ですが、ヤム!ヤム!の活動を通じて生まれるネットワークや
人との関係を繋いで、タイのマーケットへつなぐ独自の
流通網を作り出し、今までに無いマーケットを生み出すことができると
そう思っています。

その構想を見える形にしていくためには定期的に現地で行い、
継続してネットワークや規模を大きくしていくことが必要です。
そして、国内でのヤム!ヤム!の活動とリンクすることで、
両国間の独自のネットワークが双方向で動き出し、
シナジーを生み出すということにつながっていきます。

まだまだタスクや、問題は山積していますが、
構想をすべて形にして社会に貢献していくためには、
すべて必要なものなので少しづつでも積み上げて大きな柱としていきます。

今回のツアーは近畿日本ツーリスト様のご理解もあり、
実現することができました。
参加希望者もどんどん集まってきています!

産地との調整も進んでいますので、
日本食が盛り上がるバンコクでも紹介されていない、
ヤム!ヤム!ならではの独自の生産物と生産者の紹介を
してみたいと思います。非常に楽しみです!

来年は勝負の3年目。
(法人化してからは1年に満たないですが。)
実績も積み上がり、反響も大きくなってきていますので、
この勢いをさらに大きくして、一勝負していきます!

それでは、今年もヤム!ヤム!のイベントや活動に
参加していただきありがとうございました。
来年もどうぞ我々の独自の活動展開にご期待くださいませ。

良いお年を(^^)!


代表理事 西田




Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局