ブログ・レポート

メニュー作りについて

写真 (17).JPG


ヤムヤムのレシピは誰がつくっているんですか?と、
たまに聞かれることもあるので、ちょっと説明しておきます。

毎回、取材に行く前にその時期の旬の食材を
事務局メンバーでリサーチをかけながら、
こちらで最初にタイ料理にする際のメニューの仮組みをします。

シェフにお任せじゃないんですか?!

実はそうじゃないんですよ。
そんな簡単な仕事はヤムヤムではやりません。
というか、やりたくない!笑

過去の開催分の膨大な数のレシピと重ならないか?
様々な食材の代替アイデアや、この郷土料理をベースにアレンジしてみたら
いい組み合わせになるのでは?などなど、
様々な視点から、仮説を立てながら一度メニューを組み立て、
そのたたき案をベースにシェフと初めての打ち合わせをスタートします。

このレシピ作りはヤムヤムの企画の根幹となる、
だれもやっていない新・タイ料理をプロデュースするという大事なポイント。
この最も面白いプロセスをシェフに完全に丸投げすることはありえません!
(楽にやろうと思えば、そうするのが楽かもしれませんが。。)

ヤムヤムではすべてこちらで大きく関わりながら、
シェフと協同でメニューを作り出すというスタンスでやっています。

これは、複数のデザイナーが関わる現場をプロデューサーが頭に立って
全体を仕切って行くことで、実現したいコンセプトを見える形にするという
流れとまったく同じです。
そんな感じで、毎回の特徴的なレシピを作り出していますよ!

しかし、そこは百戦錬磨の個性的なシェフのみなさま。
こちらが提示した、たたき案をベースにしながらも、
それぞれの感性や経験で煮詰め、時にはケンカもしながらも、笑
さらに考えられたレシピとして見事にブラッシュアップしてくれています。
この化学反応がものづくりの醍醐味なんですね!

写真は今回の愛媛版でシェフ参加いただくサクライチエリさんのスタジオにて。
こんな雰囲気でたのしくやってますよ〜(^^)

その楽しい雰囲気から生まれたレシピの数々を
実際のヤムヤムイベントで味わっていただくことが我々主催者の喜びでもあります。


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局