ブログ・レポート

タイ南部旅行記 ~プーケット・パンガー~

6293389.jpg
今回の旅は、約14日間の日程でタイ南部の県を出来るだけ多く周わるというもの。9月は雨季真っただ中ということもあり少々不安だったが、プーケット行きの午前便でバンコクを後にした。

プーケットタウンのバスターミナルに着くと、係員が「ハジャイ行きはあと5分で出発です!」とアナウンスしていた。
走ってカウンターへ行き、チケットを買いバスに飛び乗った。最初に目指すのは"パンガー県"だ。
9664192.jpg

"パンガー県"は西にインドネシア沖大地震の津波で甚大な被害を受けたビーチリゾート「カオラック」があり、南にはジェームス・ボンド島(Khao Ping Kanカオ・ピンガン)などで有名な「パンガー湾」がある自然豊かな県だ。

プーケットタウンのバスターミナルから約1時間半で到着したパンガー市内のバスターミナルは、雨の影響か人もまばらでどこか寂しげだ。バスターミナルにある観光案内所で「パンガー湾」を周遊する半日ツアーを申し込み、ゲストハウスへチェックインした。


9966387.jpg
その「パンガー湾」に面するパンガー市内は石灰岩で出来た山が多く、雨とモヤで霞んだ山々が神秘的な雰囲気でそびえ立っている。
ラオスの「バンビエン」やベトナムの「ハロン」の様に、水墨画に描かれているような、どこか東アジアを思わせる景観であり、何となく懐かしい気分になる。

翌日も朝から雨が降っていたが、心配していたツアーも無事に催行された。


4703994.jpg
ツアーは定員10名程の小型船でパンガー湾をまわるのだが、小型船の為スピードが出るとなかなか迫力がある。水しぶきもガンガン掛かるので雨ガッパは必需品だ。
数Kmと続くマングローブの森を抜け、点在する数々の島を横目に見ながらジェームス・ボンド島(カオ・ピンガン)へ到着した。

007の映画は記憶にないが、海面に釘を刺したように立つ島の景観はやはり素晴らしい。もし乾季に来ていればもっと素晴らしい景観なのだろう。


6366825.jpg次に訪れたのは、イスラム系住民が海上生活をする「パニー島(Kho Panyee)」だ。

ここは海上に建てられた彼らの"街"を散策することができ、彼らの普段の生活を垣間見る事が出来る。

幅 1m程のメインの小路があり、その横にまた無数の小路が続いている。その小路に民家や商店が無数に存在し、小路では子供達が走りまわり、大人達は商店で買 い物などをしている。"海上の街"でも当たり前のように生活がある光景を目の当たりにし、軽いカルチャーショックを覚えながら帰路についた。



6875544.jpgツアーのメインはこの2つの島だが、パンガー湾の景観やマングローブの森など自然の持つ圧倒的な存在感や、神秘的な雰囲気に息を飲む。そんなツアーだった。

2日間という短い滞在期間ではあったが、ツアー会社の社長やゲストハウスのオーナー、バイクタクシーの運転手、食堂のおばさん、街で出会う人の皆がとても優しく暖かかった。

隣のプーケット県やクラビ県に比べるとマイナーな県ではあるが、「自然と人情の街」、それがパンガー県だ。

すっかり秋ですね〜

IMG_3302.jpg

ひさしぶりの更新です。
前回更新から気づけばもう秋になってしまいました。。時が経つのは早いものです。
更新をさぼりがちですが、決して遊んでいた訳ではございません。笑

さて、この3ヶ月でいろいろと動きがありました。
まず、この日タイを食でつなぐ日本初のオリジナル食プロジェクト、
Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN|ヤム!ヤム!ソウルスープキッチン|が、
iSB公共未来塾の第五期生として、内閣府地域社会雇用創造事業(社会的起業支援基金)
支援事業へ正式内定を受けました。
今まで以上に日タイ双方の皆様に喜んでいただける組織を目指して、
来年3月のNPO法人化を予定して、現在立ち上げ準備に日々動いています!

さらに、次回ヤムヤムの開催が決定いたしました!
今回は北海道の十勝にフォーカスを当てて、秋の北海道の幸をてんこもりでご紹介します。
11/13(日)12:00〜、場所は銀座コリドー街の十勝屋さんで実施します。
詳細はこれからですが、メニューや食材が固まり次第、正式に参加告知をさせていただきます。

初の北海道エリア、秋の旬の食材が豊富にあり選ぶのも一苦労ですが、
こちらも非常に楽しみでスタッフのテンションも上がっています。
どうぞ、お楽しみに〜!

facebookでヤムヤムのファンページを作りました。
イベントの告知や、取材のレポート、情報発信をfacebookメインで行っています。
もしよろしければ【いいね!】お願いいたします。
イベント参加申し込みもオンタイムでできますので、おすすめですよ。
こちらもよろしくお願いします。
急激に寒くなってきています。
体調にはくれぐれも気をつけましょう。
ではでは〜。

TCJニシダ

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局