ブログ・レポート

行きつけの店の定番メニュー

6910682.jpgタイ・バンコクに住んでいると、毎回の様にレストランで食事という訳にはいきません。そこで今回は、家の近所にある、普段よく行くタイ料理の屋台食堂の料理を紹介します。









場所は、ペッブリー通りとパヤタイ通りの交差点近く、BTSのラチャテウィー駅から徒歩3分程度の所にある、2軒並んだうちの1軒の店です。ここはいつ来ても、会社を終えたOLや学生で満席になる位流行っています。
メ ニューはかなり豊富で、ヤム・ウンセン(春雨サラダ)やトム・ヤム・クン(海老のスパイシースープ)などの基本的 なタイ料理から、ソムタム(パパイヤサラダ)やトムセーブ(イサーン風スパイシースープ)などのイサーン(東北)料理まで幅広くあります。特にイサーン料 理が充実していますが、一応シーフードもあります。そして、ここでよく 注文するのが「ヤム・コームー・ヤーン」。料理名のとおり、コームー(豚のノドの部分の肉)をヤーン(焼く)してヤム(合える)した料理。炭火で炙り焼き したコームーだけでもかなり美味しいのですが、そのコームーを、赤玉ねぎ、玉ねぎ、中華セロリ、パクチーなどの生野菜と、カオクルア(米を炒ってすり潰し たもの)、ナンプラー、マナオ汁、チリソース、タマリンドペースト、唐辛子などで作ったナームヤム(サラダソース)で合えた料理で、脂がのったコームー ヤーンが、甘辛いソースに絡んで絶妙な味になります。ビール好きな方は、この1皿でシンハービール2本はかたいです。また、このソースにもち米を付けて食 べてもかなりイケますよ。

44203.jpg

950676.jpg

食堂でランチ

9251636.jpg

タイ・バンコクには、タイ料理はもちろんの事、和食、中華、フレンチ、イタリアンなど世界各国のレストランがあり、こと食事に関しては選択肢に困ることはありません。ただ、時間的な制約のあるランチだけは職場の場所によって選択肢が限られてしまいます。
レストランなどがある商業地区に近い職場であれば問題ないのですが、そうでない場合は、どうしてもタイ料理だけに限られてしまいます。私の場合も、職場近辺にタイ料理以外の店舗は無く、選択肢はタイ料理のみになります。

そんなランチタイムによく行く食堂があるのですが、そこでよく注文する「スッキー・ヘン」をご紹介します。「スッキー・ヘン」と「スッキー・ナーム」とあるのですが、「ヘン」は汁無し、「ナーム」は汁有りを意味します。「スッキー」とは、和食の「すきやき」が語源らしいのですが、まったく違うモノで、野菜、ニンニク、春雨、卵、鶏肉(シーフード)等を、唐辛子、ガラスープ、腐乳、ナンプラーなどで炒めた料理です。具材はどこもそんなに変わらないのですが、この料理のポイントは「タオフー・イー」と呼ばれる腐乳です。(腐乳は豆腐を塩水の中で発酵させた物で、タイでは発酵の際にトウガラシを加えて辛味をつけた紅腐乳を使用する場合が多いです。)腐乳とチリソース、ごま、ニンニク、砂糖などを加えたナムチム(つけダレ)をかけて食すれば、腐乳独特のコク、空心菜と白菜の歯ごたえ、中華セロリと唐辛子の風味、春雨の食感...。もう、味と食感のバランスが秀逸で、いつも一気にフィニッシュしてしまいます。食堂でランチと書きましたが、もちろん夜のディナーも食堂はおすすめです。ビールを飲みながら、ちびちびとタイ料理をつまむのもなかなか良いものですよ。

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENの会員になりませんか?

入会のご案内
活動・募集案内(PDF)

個人の方は、オリジナル会員証バッジ(出身県別デザイン47種類、非売品)の提供。
オリジナルツアーの優先参加権を、生産者および団体・法人の方は、自社商品のPR・流通・販路開拓の支援等行います。

Support Company

法人の賛助会員様を募集しております。 詳しくはこちら»

  • モンスーンバレー
  • 池光エンタープライズ
  • 日本野菜ソムリエ協会
  • 木徳神糧株式会社
  • タイ国大使館商務参事官事務所
  • タイ国政府観光庁
  • MEAL WORKS
  • 1983 CAVIAR
  • 魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)
  • 株式会社トマトコーポレーション
  • バンコク日本語情報誌『DACO』東京事務局